『超可動ガール1/6』2019年4月にTVアニメ化決定

ÖYSTERによる漫画『超可動ガール1/6』が2019年4月にTVアニメ化されることが決定。発表にあわせ、主人公“房伊田春人”とヒロイン“ノーナ”が描かれたキービジュアル第1弾、PV第1弾も公開された。

『超可動ガール1/6』は、「月刊アクション」で2016年まで連載されていたÖYSTERによる漫画が原作。

硬派なオタク、房伊田春人の購入した、大好きなアニメのヒロイン・ノーナが突然、動き出したことから物語が始まるドタバタラブコメディー。

メインスタッフは、監督に元永慶太郎、シリーズ構成は日暮茶坊、キャラクターデザインは山名秀和、アニメーション制作はstudio A-CATが担当。

メインキャストには、主人公・房伊田春人役に羽多野渉、ヒロイン・ノーナ役には木下鈴奈が起用されている。

公式サイト:「超可動ガール1/6」公式サイト
©ÖYSTER/双葉社・「超可動ガール1/6」製作委員会

メガゾーン23 それはジャパン・アズ・ナンバーワンの時代のアニメーション