日本初上陸、『攻殻機動隊』・『進撃の巨人』などを題材にした 12人乗りの超現実ライド型シアター「hexaRide(ヘキサライド)」11月2日(金)「ダイバーシティ東京 プラザ」にて待望のオープン!

『攻殻機動隊』・『進撃の巨人』など人気作品を題材にしたオリジナルコンテンツが登場 
“近未来戦闘”を驚異のテクノロジーで体感しよう!
『攻殻機動隊GHOST CHASER 』本編映像をメディア向けに公開

 
 
Brogent Japan Entertainment株式会社(BJE)が企画・プロデュースする、日本初上陸のVRライド型アトラクション施設「hexaRide(ヘキサライド)」は、11月2日(金)に開業以来初の大幅リニューアルを遂げる「ダイバーシティ東京 プラザ」にオープンいたします。「hexaRide」に導入する新型機器「Q-Ride」はVR機材との連動を図った12人乗りの最新ライド型アトラクション。ユーザーが装着するヘッドマウンドディプレイに連動して、1台12人を乗せた座席がダイナミックかつ繊細に動き、特別な浮遊感や疾走感をお楽しみいただけます。
本アトラクションの第1弾コンテンツは、漫画、劇場映画、テレビアニメほか様々なメディアで展開されている世界的近未来SFの代名詞的作品『攻殻機動隊』。「hexaRide」向けにBJEが企画・開発、アニメーション制作会社:プロダクション I.Gが制作したオリジナルコンテンツ「攻殻機動隊GHOST CHASER」が登場。オープン当日より稼働いたします。第2弾コンテンツは『進撃の巨人』が予定されており、今後も様々な体験コンテンツが用意されています。

【人気漫画『攻殻機動隊』・『進撃の巨人』のオリジナルコンテンツが登場!】

 
hexaRide用コンテンツ第1弾:「攻殻機動隊GHOST CHASER」
 
 
ベネチア国際映画祭、シッチェス国際映画祭など多くの映画祭でVR部門に正式招待され、世界中で高い評価を得ているVR作品「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」の東弘明監督( stoicsence inc.)とプロダクション I.Gが映像を制作。hexaRideの機能を最大限生かすために、BROGENTのモーションプログラミングチームと何度も検証を積み重ねた。VR映像最高峰ともいえる緻密でダイナミックな世界観にライドの動きが完全シンクロし、いまだかつてない体験が実現する
 
©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
 
 
hexaRide用コンテンツ第2弾:「進撃の巨人 崩落の塔」
 
公式サイト:http://www.hexaride.jp
 
 

番外編『攻殻機動隊』公開前にタチコマを語ってみた!