【スクフェス感謝祭2018 レポ】スクフェスシリーズ新情報発表会―“夢の共演”に“新情報”で会場沸騰!


【スクフェス感謝祭2018 in大阪】
新情報発表会ステージ レポ

“夢の共演”に“新情報”で会場沸騰!


5月20日(日)、大人気のスマートフォン向けアプリゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(以下、スクフェス)』のリアルイベントとして、大阪・インテックス大阪にて開催された『スクフェス感謝祭2018in大阪』

スクフェス5周年の節目として、Aqours,μ’s,虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会より、計9名のキャストが出演。
スクフェスや、2018年リリース予定の新作アプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
ALL STARS(以下、スクスタ)』の新情報が発表となりました。

【出演者】
AqoursGuilty Kiss
):逢田梨香子(桜内梨子役)、小林愛香(津島善子役)、鈴木愛奈(小原鞠莉役)
μ’s:新田恵海(高坂穂乃果役)、三森すずこ(園田海未役)、飯田里穂(星空 凛役)
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(スクフェス組):前田佳織里(桜坂しずく役)、鬼頭明里(近江彼方役)、指出毬亜(エマ・ヴェルデ役)

『スクフェス感謝祭2018 in大阪』スクフェスシリーズ新情報発表会―“夢の共演”に“新情報”で会場沸騰!

Aqours、μ’s虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会勢揃いでファン大興奮

5月20日(日)、大阪にて開催された『スクフェス感謝祭2018 in大阪』スクフェス新情報発表会ステージ。Aqours,μ’s,虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の3グループから3名ずつ、計9名のキャストが揃って出演ということもあり、開演前からファンは大興奮の様子。

キャストが登場すると、ファンからは割れんばかりの拍手と歓声が。
Aqours、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のメンバーにとってはある種“先輩”のような存在のμ’sキャストも出演していることから、緊張している様子でしたが、キャスト同士の『呼び方』や、それぞれが担当するメンバーの『印象』といったトークで盛り上がり、温かい雰囲気に。

久しぶりのμ’sメンバー自己紹介では、三森さんが「久しぶりだからみんなが(自己紹介のコール&レスポンスを)覚えているか分からなくて、すごい緊張してます!(笑)」と語るなど、μ’sメンバーからも『緊張』の言葉が。
そんな心配とは裏腹に、ファンからは「待ってました!」と言わんばかりの大声援とレスポンスが送られ、久しぶりの光景にμ’sメンバーの嬉しそうな表情も見られました。

あの“名ゼリフ”、再び…!メンバー紹介

続いて、キャストそれぞれが自分の担当するメンバーの紹介をするコーナーに。
鬼頭さんは、自分の担当する彼方ちゃんについて「いつも寝てます!喋りながら途中で寝ちゃったり、あわよくば授業もサボりたい…寝ていたい…タイプの子です!でも妹の遥ちゃんのことが大好きで、遥ちゃんを可愛がることとお料理することに関しては情熱を燃やしている子です!」と紹介。
逢田さんは、そんな自己紹介を聞いて「一人目から個性的なメンバー」とコメントしました。

また、高坂穂乃果を演じる新田恵海さんは、穂乃果を「エネルギーの塊みたいな子」だと紹介。「特技は言葉で雨を止ませることです。今日(会場となっている)大阪が晴れているのも、穂乃果のお陰と言っても過言ではありません!(笑)」と続け、会場の笑いを誘いました。

そんな“穂乃果の特技”を受け、TVアニメ「ラブライブ!」2期での名場面『雨止めー!!』を、新田さんが再現してくれました。

「リズムアクション」ゲームの更なる頂きへ―スクフェス新情報が解禁!

情報解禁のコーナーでは、最初に、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)』の新情報が解禁に。

まず最初に発表となったのは、スクフェスの新システム『スクフェスクラスシステム』の導入!

ライブをプレイすることで『クラス』が昇級。認定戦でのみ昇格可能な『マスタークラス』も設けられるといった嬉しい発表に、会場は喜びの声で包まれます。

『それぞれのグループで、「マスタークラス」に一番近い人は誰?』といった話題になると、前田さんは「(虹ヶ咲では)中須かすみ役の『相良茉優』ちゃんかな…?」と回答。相良さんのプレイしている様子は、他メンバーからも「あ…(スクフェスに集中しているから)そっとしておこう…」と思われている、といったエピソードが。

μ’sでは、矢澤にこ役の徳井青空さんが挙げられ、三森さんからは「(徳井さんは)ゲーム得意だもんね~、徳井だけに」といったお茶目なコメントも。

そしてAqoursでは、「あの方しかいない」と小林さん。「プロと呼ばれるのはやっぱり『諏訪プロ(松浦果南役・諏訪ななかさん)』ですかね」と続けると、逢田さんも「(諏訪さんは)どんなに邪魔をしても動じない」とコメント。
マスタークラスの導入による『やりこみ度』向上で、3人の『プロ』も更にスクフェスを楽しめそうですね。

スクフェスからは、最後に『2019年の大型アップデートが決定』との発表が。
ライブ画面やホーム画面などの見た目が一新される他、新機能や新イベントの実装なども予定しているとのこと。

鈴木さんは「どんなアップデートになるのか気になります」と笑顔でコメントしました。

新ジャンル「リズムアクションRPG」【スクスタ】

続いて、ファン待望の新作アプリゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』の情報に。
スクリーンに『スマホゲームの新ジャンル「リズムアクションRPG」始動!』といったコンセプトが映し出されると、小林さんから「RPGってどういうタイプのゲームなんだろう…?」と疑問が。

RPGゲームをよくプレイするという鈴木さんは、『RPG』というジャンルについて「物語を進めていくに連れて、仲間だったり……家族だったり……と、大切さに気付かされて、一つ一つの物語に意味がある、そういうところが素敵なゲームだと思っています!」と熱く語りました。

その『“リズムアクション”RPGとは?』では、『ライブをRPGのように攻略していく、全く新しいゲーム』との紹介が。加えて、鬼頭さんは「RPGゲームの戦いの代わりにライブがあるみたいな感じです」と紹介し、キャストからは「楽しみ!」といった声が聞かれました。

『スクスタ』今回解禁となったのは…!?

今回の『スクフェス感謝祭2018 in大阪』スクフェスシリーズ情報発表会ステージでは、『スクスタ』のプレイ画面が残念ながら間に合わず、新田さんは「スタッフさんの『元気』が足りないんじゃない?」とコメント。
「私たちから元気を送りましょうよ!」と続けると、キャスト,ファンからは『開発スタッフの皆さん……ファイトだよ!』のエールが送られました。

また、ステージでは、キャラクターデザイン・室田雄平氏描きおろしの『スクスタ』世界観をイメージした新ビジュアルが公開に。

『ラブライブ!』からは高坂穂乃果が、『ラブライブ!サンシャイン!!』からは高海千歌が描かれた新ビジュアル。逢田さんは「スクスタならではの夢の共演って感じがして感動」と率直な感想を語りました。

「この二人ならどんな会話する?」といった話題になると、新田さんは「絶対に話進まないと思う!(笑)」「まとまらないか、結果ノリで決めちゃいそう(笑)」とコメント。
また、逢田さんは「混ぜるな危険」といったコメントが飛び出し、会場からはどっと笑いが漏れました。

『SUNNY DAY SONG』をみんなで歌う未来も…!?

スクスタの世界では、Aqours,μ’s,虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の3グループから、計27人のスクールアイドルが同級生として登場。

『スクスタ』イントロダクション紹介では、

スクールアイドルみんなの文化祭「スクールアイドルフェスティバル」を目指して――。
ここからあなたと彼女たちの「みんなで叶える物語(スクールアイドルプロジェクト)」を始めよう!

と、スクフェス同様、スクールアイドルみんなの文化祭『スクールアイドルフェスティバル』を目指すといったストーリーになることが発表に。

『文化祭』にちなんで、『(音ノ木坂、浦の星、虹ヶ咲の)三校合わせてやってみたいこと』の話題では、小林さんが「『SUNNY DAY SONG※』を一緒に歌いたいです!絶対楽しいと思います!」と目を輝かせて語り、新田さんは「(『SUNNY DAY SONG』は、)スクールアイドルみんなのための楽曲だからね!」とこちらも楽しげに語りました。

※『SUNNY DAY SONG』…劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』挿入歌。作中で穂乃果たちμ’sが「スクールアイドルみんなの楽曲を作ろう」と作った楽曲。

新情報発表の最後には、『スクスタ』での「それは僕たちの奇跡」(TVアニメ『ラブライブ!』2期OP主題歌)ライブ映像が公開に!

「すごい立体的だった!」「滑らかだった!」と総キャスト大興奮。新田さんは「一人ひとりにフォーカスが当たっているので、(キャラの)表情が見えたときキュンとしますね!」とコメントしました。

7月15日、沼津にて開催される『スクフェス感謝祭2018in沼津』でも、『スクフェス』『スクスタ』の最新情報が解禁になるとのこと。是非足を運んでみてくださいね。

『スクフェス』『スクスタ』ならではの共演―終演コメント

スクフェスシリーズ新情報発表会ステージの終わりには、それぞれのグループから、『スクフェス』『スクスタ』ならではの夢の共演に喜びのコメントが。

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の前田さんは「やっぱり緊張したよね~」と振り返りつつ「初めてμ’sさん、Aqoursさんと一緒のステージに立つことができて、本当に嬉しかったです。」と嬉しそうにコメント。
Aqoursの小林さんは「こういうステージが皆さんと作れて、すごく楽しかったです!本当にありがとうございました!」と、
μ’sからは、飯田さんが「初めましての方もいらっしゃったと思うんですけど、温かく迎えてくれて、お久しぶりの方にもまたお会い出来て、μ’sとしてまた登壇できて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。」とコメントし、締めくくりました。

終始熱気に包まれた『スクフェスシリーズ新情報発表会ステージ』。
リリースから5周年経つも、未だに多くのファンが『スクフェス』シリーズへのアツい愛を抱いていることを感じさせられるステージとなりました。

『スクフェス』シリーズは、衰えを見せることなく、『頂き』目指して新たなステージへ!
これからも『スクフェス』シリーズを愛してくださいね♪

全3都市で開催!『スクフェス感謝祭2018』レポートまとめはこちらから♪

『スクフェス感謝祭2018』全ステージ&展示レポートをまとめました!

(取材・文=竹取の翁)

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』情報

タイトル■
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

プラットフォーム■
ブシモ

開発■
KLab株式会社

対応OS■
iOS8.0以降、Android4.0以降

ジャンル■
リズムアクション&アドベンチャー

プレイ料金■
アイテム課金制

<スクフェスポータルサイト>
https://lovelive.bushimo.jp/

<スクスタ公式ホームページ>
https://lovelive-as.bushimo.jp/

<スクフェス公式ページ>
https://lovelive-sif.bushimo.jp

<スクフェス公式Twitter>
@lovelive_SIF

©2013 プロジェクトラブライブ!
©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©KLabGames
©bushiroad All Rights Reserved.

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。