『電脳コイル』磯光雄監督の11年ぶり新作オリジナルアニメ『地球外少年少女』を発表


「電脳コイル」などで知られるアニメーション監督の磯光雄さんが原作・監督・脚本を手がけるオリジナルアニメ「地球外少年少女」の制作が、アメリカ・シカゴで開催されたアニメイベント「Anime Central」にて発表されました。
発表にあわせてコンセプトビジュアルも公開されました。

「地球外少年少女」は2045年、インターネットとAIが普及した宇宙空間が舞台。

宇宙ステーションで大規模な事故が発生し、取り残されてしまった子供たちがSNS、AIやスマートフォンで操作できるドローンなど現代にもありそうな技術をを駆使して、数々のピンチを乗り越える姿が描かれるSFストーリー。

メインスタッフには、キャラクターデザインに吉田健一さん、そしてアニメーション制作はSIGNAL.MDが担当します。

なんだか「プラネテス」の7話がよぎるタイトルですね。

アニメ放送時期やその他の情報については今後、順次発表されていきます。

(C)MITSUO ISO/avex pictures 2014

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。