新潟女児殺人「容疑者はアニメ好き?」報道に非難の嵐


新潟市の小学生女子児童が殺害され、JRの線路に遺棄された事件での一部メディア報道に批判が集まっています。

NHKは15日朝、WEB版のニュースサイトで、小林容疑者の印象について

小林容疑者の高校時代の同級生だという男性は「高校時代は3年間、同じクラスで、逮捕されたことに驚いている。当時はアニメが好きな友達と仲がよかった印象で、授業中にちゃかすなど幼いところがあった。ずっと市内の会社に勤めていると聞いているが、高校を卒業してからは会っていない」と話していました。

と報じました。

また、フジテレビ制作のワイドショー「とくダネ!」では、小林容疑者の印象について、容疑者の高校時代の同級生とみられる人物へのインタビューの中で

「世間一般でいう個性的。分かりやすく言うとオタク そんな感じかな」

と報道。

こうした一部メディアでの報道に対し、インターネット上では

「またアニメオタク=犯罪者というレッテル貼りか」
「(NHK報道は)本人がアニメ好きでもないのに何故そうした(アニメが好きな“友達”と仲がよかった といった)報道をするのか。」といった批判が続出。

また、1988年に起きた「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(いわゆる宮崎勤事件)」による、報道各社の“オタクバッシング”を上げ、今回の事件が同様の流れを生むことを危惧する声も見られました。

声優・高田憂希さんへの迷惑行為でマチ★アソビ「節度ある行動を」

2018.05.09

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。