96猫、初のバーチャルライブでぐでたまとコラボ!

96猫が5月4日(金)に東京都多摩市サンリオピューロランド エンターテイメントホールでキャリア初となるバーチャルライブを開催した。

96猫、初のバーチャルライブでぐでたまとコラボ!

SNS上に「ぐでたまテーマソングを歌ってみた」をアップするなど、サンリオのキャラクター・ぐでたま好きを公言していた96猫は、ぐでたまの誕生5周年を記念したキャンペーンソング『フィロソフィーエッグ』の歌唱を担当。この日のステージは2部構成で各10曲ずつを披露し、ぐでたまと96猫の夢の共演も実現した。

ステージ上に設置されたスクリーンに光が集まり、96猫を模した女性のCGキャラクターが映し出されると、会場からは驚きに似た歓声が上がった。96猫の“初バーチャルライブ”は、彼女がかつてニコニコ動画の「歌ってみた」にアップして人気を博した、アグレッシヴなナンバー『Cyclone』で幕を開けた。

96猫、初のバーチャルライブでぐでたまとコラボ!

バーチャルといえども、スクリーンの後ろには特殊なスーツを身につけた96猫自身がおり、モーションキャプチャーによって、動きはシンクロ。生歌はもちろんのこと、ステージ上(スクリーン上)を右に左に動き回り、手を降ったり、笑顔を見せたり、ウィンクまでして見せてくれた。

2曲を歌い終えた彼女は「とうとう来ちゃったよ、二次元に。二次元、サイコー!」と声をあげ、「生身が見れなくてさみしいという人もいるかもしれないけど、これはこれで楽しんで」とあいさつ。そして、奥華子との共作によるバラッド『MOTHER』など、オリジナル曲を3曲続けてパフォーマンスした後、スペシャルゲストとして、ぐでたまが登場。「かったるいよ」「めんどくさいな」「疲れたよ。じゃあ、さよなら」とステージに出た途端に帰ろうとするぐでたまをなんとか引き止め、ヒャダインがプロデュースし、ぐでたまが作詞を手がけたテーマソング『フィロソフィーエッグ』をふたりで披露し、大きな拍手を浴びた。

「可愛い。可愛い」と連呼していた96猫は「全身タイツで汗だくだくだから」と語りながら、アニメ「クズの本懐」の主題歌に起用されたメジャー1stシングル『嘘の火花』やボカロ発のミリオン曲『こちら、幸福安心委員会です。』『ギガンティックOTN』で観客を盛り上げた。

そして、再び、バーチャルライブを開催することになったことに触れ、「ヴァーチャルライブをやることになって、生身じゃないと嫌だっていう人もいるだろうなと思って。ヴァーチャルでいくべきか、生でいくべきか迷ったけど、両方、やっていきます。生でもちゃんとやるし、新しい方向性の1つとして、バーチャルライブを始めたと捉えてください」と説明。最後に、ファンやスタッフへの感謝の気持ちを込めたバラード『Thank You』を熱唱し、スクリーンいっぱいに様々な花が咲き乱れる中、♪らららの大合唱で締めくくられた。

96猫、初のバーチャルライブでぐでたまとコラボ!

また、この日はアンコールの代わりに、写真&ムービー撮影会を実施。顔出しをしていない96猫にとっては、CGキャラクターだからこそできた貴重な時間となった。そして、彼女が「じゃあね。バイバイ」と手を振って後ろを向き、スクリーンの向こうに消えていった。

なお、『フィロソフィーエッグ』を収録したシングルはメジャー2枚目のシングルとして4月25日(水)に発売されたばかり。カップリングにはコラボのきっかけとなった『ぐでたまテーマソング』のカバーや松隈ケンタ(SCRAMBLES)が手がける新曲『デスロード』が収録される他、初回限定盤には96猫とぐでたまのイラストが描かれた「からくりペーパークラフト」が封入されている。詳しくは、96猫のオフィシャルサイトをチェックしよう。

http://96neko.jp/

ⓒ2013, 2018 SANRIO CO., LTD.