『からかい上手の高木さん』【レポート】最終話直前記念 スペシャルステージ―最初から最後まで“にやキュン”なステージに【アニメジャパン2018】


大好評のうちに終了したTVアニメ『からかい上手の高木さん』より、AnimeJapan 2018オープンステージにて、「アニメ『からかい上手の高木さん』最終話直前記念 スペシャルステージ」が開催。

ステージには高橋李依さん(高木さん役)、梶裕貴さん(西片役)のお二人が登場!ステージ中では、梶さんが高木さんの「あのセリフ」を口にする場面も…!?

最初から最後まで『にやキュン』尽くしのスペシャルステージ、レポートをお届けします!

「アニメ『からかい上手の高木さん』最終話直前記念 スペシャルステージ」レポート

序盤から“からかい”連発!?

2018年1月より放送されたTVアニメ『からかい上手の高木さん』。

最終回の放送を前日に控えた3月25日(日)、「AnimeJapan 2018」ステージにて「アニメ『からかい上手の高木さん』最終回直前スペシャルステージ」が開催。鷲崎健さんを司会に迎え、高木さんを演じる高橋李依さん,西片を演じる梶裕貴さんのお二人が登壇しました。

TVアニメ『からかい上手の高木さん』では、麦わら帽子を被った高木さんが描かれていたシーンが見られたこともあり、高“橋”さんも可愛らしい麦わら帽子を被っての登壇。
また、梶さんは、同作初めてのイベント出演ということで「こうやって生で皆さんの前でお話させて頂くのは初めてなのですごく嬉しいです。」と喜びを口にしました。

TVアニメ『からかい上手の高木さん』では、以前、“バレンタインチョコ(=からチョコ)のお渡し会イベント”が開催。ステージを観覧していたファンの中にも、“からチョコ”イベントに参加した方が多く見られると「ありがとう、みんな本命だよ♪」と、高木さんそのものの口ぶりで、序盤から自然とファンをからかっていく高橋さん。
更に、梶さんの「(ファンの)皆さん、からかわれたいですか!?」といった問いかけに、会場は大いに湧き上がり、イベントがスタートしました。

ボタンを押すと“あのボイス”

それぞれの席の前には謎のボタンが。押してみると、聞き覚えのある「キュン♪」といった音声が流れます。
言うまでもなく、ボタンの正体は、作中にも登場した『100%片思い』キュン子のボイスが流れるもの。

そのキュン子を演じているのは、紛れもない「高橋さん」ということで、ご自身の“キュン子ボイス”に恥ずかしがる様子が見られました。

お二人の抱く“キャラクターの印象”

最初のトークでは、1話から11話を演じてみてのキャラクターの印象が話題に。

原作を読んだ時点では、“高木さんがどういうことを考えているか分からない”という印象を抱いていた高橋さん。TVアニメ第1話『消しゴム』で消しゴムに書かれていた“言葉”を通じて「高木さんが何をしたいのか」を知り「高木さんが何をしたい人なのか、というのは分かったので、その目標のもと、考えていることが分からないくらいがちょうどいいのかなと思いました。」と語りました。

また、梶さんは、なんとTVアニメ化が決定する前から原作コミックを一読者として読んでいたとのこと。「西片役を絶対やりたいなと思いつつ、そう思った役は大体(オーディションに)受からないかもと思っていた。」と、複雑な心境のなか、西片役への希望を持ちつつオーディションに臨んだところ、西片を演じられることになった、といったエピソードを明かした上で
「始まる前から自分の中で(キャラのイメージが)出来上がっていたので、そのままのイメージでやらせていただけているかなと思います。」とコメント。

梶さんが元から持っていたイメージを土台に、スタッフの考えを取り入れた演技になっていると語りました。

“にやキュン”シーン セレクションを振り返り

続いて、お二人の『1話から11話の中で印象に残った“にやキュン”なシーン』を振り返るコーナーに。

高橋さんが選んだのはTVアニメ第4話「風邪」。風邪の西片を心配する高木さんの様子が流れると、“キュンボタン”が連打されます。高橋さんが、このシーンを選んだ理由として「風邪のとき、高木さんって(ちゃんと心配してくれる)そういう人なんだなって、高木さんの人間性が分かった回でした。」と語ると、梶さんも「ちゃんと高木さんが西片くんのことを好きって分かる」シーンだとコメント。加えて「でも西片は気付いてないっていうのが、みんな微笑ましく見守れるところかなと思います。」と語ります。

次に、梶さんが選んだのはTVアニメ第11話『クリティカル』。原作ファンの多くがTVアニメ化を楽しみにしていた『クリティカル』回。梶さんは「今までからかわれてきただけの西片くんが、本人は気付いてないですけども、高木さんに仕返しをした回で、それはやっぱり嬉しいわけですよ!」と興奮気味に語ります。
梶さんが続けて「どうですかその辺!!キューンとさせられましたけども!」と高橋さんにコメントを求めると、高橋さんは率直に「すっごい良いなって思いました。」とコメント。

また、ステージでは、アニメスタッフさんが選んだシーンも発表に。TVアニメ第3話『空き缶』での、高木さんが“ある言葉を西片に言い、からかう”といったシーン。鷲崎さんから、“ある言葉”を「さりげない(口ぶりで言う所が)高木さんのズルいところ」と語られた後「空き缶」のシーンを再現する次のコーナーへ。

まさかの梶さんが“あのセリフ”を口に…!?

次のコーナーでは、ステージ上に用意されたゴミ箱に空き缶を見事投げ入れられたら、箱の中に入っている“にやキュン”セリフを相手に言わせられ、入れられなければ自分が言わなければならない『プレッシャーに打ち勝て!空き缶ホールインワン』ゲームが行われました。

なかなか缶を入れられないお二人。残念ながら缶を入れられなかった梶さんが「私も、青春したくてね。」というセリフを引き当て、口にすると、会場は大いに湧き上がりました。
また、会場限定として、梶さんが西片が言わないであろう「俺、高木さんのこと好きだよ。」と、そして高橋さんが「私、西片のこと好きだよ。」と言った場面では、お互いが、お互いのセリフを聞き、ステージ端で悶える様子が見られ、ファンの笑いを誘いました。

キャスト挨拶

ドラマ仕立ての告知コーナーを終え、イベントはあっという間に終わりの時間に。
最後の挨拶で、梶さんは「僕も高木さんのセリフが聞けてとても嬉しかったです。」と素直な喜びを語った上で「いつか続きをやってくれると信じています。」と、TVアニメ『からかい上手の高木さん』これからの展開への期待感を口にしました。

また、大人気の作品だけに、プレッシャーも感じていたという高橋さん。イベントでの大盛況ぶりを見て「(高橋さんの演技が)アニメの正解で良いんだよ、という自信になりました。」とコメント。最終話放送を「ニヤニヤした素敵な時間を過ごしましょう。」と語り、イベントを締めくくりました。

今回のステージイベントでも話題に上がった、第1話『消しゴム』も収録の、TVアニメ『からかい上手の高木さん』Blu-ray&DVD 第1巻は現在好評販売中!
どの曲も大反響を呼んだ、ED主題歌を収録の「『からかい上手の高木さん』Cover Song Collection」、
大原ゆい子さんが歌う、多くのファンから絶賛のOP主題歌『言わないけどね。』も発売中ですので、ぜひゲットしてください。

TVアニメ『からかい上手の高木さん』は、中国放送にて毎週水曜25:25~放送中!
Blu-ray&DVDを購入すれば、あの名場面をまた振り返れます!是非、Blu-ray&DVDをゲットして、“にやキュン”エピソードを心に刻んでくださいね。

(取材・文=ふくもと)

アニメ「からかい上手の高木さん」◆作品概要

放送情報

中国放送にて毎週水曜25:25~放送中!

イントロダクション

「今日こそは必ず高木さんをからかって恥ずかしがらせてやる!」
とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片。
高木さんをからかい返そうと日々奮闘するが…?
そんな高木さんと西片の、全力“からかい”青春バトルがスタート!

スタッフ

原作■山本崇一朗『からかい上手の高木さん』『あしたは土曜日』(小学館「ゲッサン」刊)
監督■赤城博昭
シリーズ構成■横手美智子
キャラクターデザイン■髙野 
サブキャラクターデザイン・総作画監督■茂木琢次/近藤奈都子
音楽■堤博明
アニメーション制作■シンエイ動画
オープニングテーマ■「言わないけどね。」(歌:大原ゆい子)
作詞・作曲■大原ゆい子 編曲:吉田穣

キャスト

高木さん:高橋李依
西片:梶 裕貴
ミナ:小原好美
ユカリ:M・A・O
サナエ:小倉唯
中井:内田雄馬
真野:小岩井ことり
高尾:岡本信彦
木村:落合福嗣
田辺先生:田所陽向

公式サイト■
http://takagi3.me

公式Twitter■
https://twitter.com/takagi3_anime

©2018 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん製作委員会

からかい上手の高木さん 週刊感想コラムのまとめ

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。