『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』連載終了から10年、ついにTVアニメ化決定。2018年夏よりBSスカパー!・アニマックスにて放送開始

2004年から2008年にかけて週刊少年ジャンプにて連載されていた西義之さんの『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』が連載終了から10年の時を経てTVアニメ化されることが決定しました。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』、通称「ムヒョロジ」は天才魔法律家・六氷透(ムヒョ)と泣き虫助手・草野次郎(ロージー)が、人と人外の理を律する「魔法律」を駆使して罪深き霊を裁くダークファンタジー。

2018年3月19日(月)からは「少年ジャンプ+」にてこれまでの続編となる新章『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 魔属魔具師(まぞくまぐし)編』の連載が開始される。

連載終了から10年という月日がたったにも関わらずこうしてアニメ化が決定するなど、原作ファンからの根強い人気があるのが窺える作品です。

アニメの放送は2018年夏よりBSスカパー!・アニマックスにてスタートします。

公式サイト:『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』公式サイト
©西義之/集英社・ムヒョロジ製作委員会

【2015年春アニメ】『プラスティック・メモリーズ』笑えて切なくてホロリとくる、話題の「ドリ系」アニメ